芸術広場芸術広場

「おさなごころを、きみに」
文字にまつわるアートに注目 

2020年8月17日

 東京都現代美術館が、毎年夏休みシーズンに開催する“こどものための現代美術展”の一環として、子どもと一緒に大人が楽しめる展覧会「おさなごころを、きみに」が開かれている。メディアテクノロジーを駆使した作品が、「身体と触覚」「音と言葉」「忘却」「銀河」などのテーマごとに紹介された展示室をめぐって体感することで、大人は、子どもの頃の気持ちを呼び起こすことができそうだ。
 8K映像やゲーム感覚で参加できる作品など、アートとテクノロジーを組み合わせた約30の作品の中で、注目したのは文字にまつわる2作家の作品。

●のらもじ発見プロジェクト

 ひとつは、のらもじ発見プロジェクト(メンバーは下浜臨太郎、西村斉輝、若岡伸也)による同名のプロジェクト。街なかの個人商店などに見られる看板の手書き文字を〝のらもじ〟と銘打ち、その文字の魅力を広めるためにフォント化してインターネットで流通させ、応援しようという活動。紹介映像には、メンバーが町を歩いてのらもじを探し、「これは!」という手書き看板を見つけると、店主に取材、協力を得て、文字をフォント化し、インターネットで紹介、見た人が代金を払ってダウンロードすると店にお金が還元されるという流れが映し出されていた。店主自らが文字をデザインしたという東京のサン理容室の店主へのインタビュー映像では、店主が、親しみのある明るいイメージの屋号にするために太陽という意味のサンという店名にし、普通のゴシック体では面白くないので、やさしく、丸味があり、見やすい文字を目指して考えたこと、横角を太く、縦角を細くして今のデザインができたことなどが語られていた。
 そのほか、筆で一気に書いたかのような丸味のある文字の陶器店「つるや」、やさしく、エレガントな書体の洋菓子店「フジヤ」、力強く、遊び心のある字が特徴的な「万代スポーツ」など16件の看板の写真とフォントが展示されている。
 また、展覧会の導入部にあたる1階のエスカレーター横のシャッターに書かれた「ようこそ」の文字も、のらもじ。東京のふじや玩具店のフォントを使用している。ほかにも、のらもじを使ったポスターや看板、千社札などが紹介されている。
 看板の文字の素朴な魅力を再発見し、街歩きの新たな楽しみを教えてくれ、文字に込められた店主の思いや歴史を継承するシステムを構築したこの活動が、今後も広がりをみせることを期待したい。

●幸村真佐男「非語辞典」ほか
 注目したもう1点は日本のメディア・アートの先駆者である幸村真佐男の「非語辞典」。「アキョチュテ」「アキョチェト」など、コンピュータがランダムに組み合わせた意味不明のカタカナの単語がずらりと掲載されている。担当の森山朋絵学芸員によると1983年に富山県立近代美術館で開催された「第2回現代芸術祭―芸術と工学」展で制作、発表され、パソコンを使用して、108シラブル4拍のカタカナ(ギャ、ギョなどを含む)すべてである108×4=136,048,896の文字の組み合わせをリストアップし、13巻まで製本し現在も継続中とのこと。「全500冊くらいになる予定」(幸村談)だという。
 隣には、コンピュータがランダムに組み合わせた漢字2字の熟語が掲載された「二言絶句集」の展示も。森山学芸員によると、JIS第一水準の漢字2,965字による2字熟語すべて(2,965×2=8,791,225)のリストアップを、1985年に千葉県立美術館で開催された「……はれ」展に向けて開始し、会期終了後に全16巻に製本、JIS第2水準の漢字を含めたヴァージョンも製本して、現在中断しているという。
 意味を成さない単語ばかりかと思いきや、「令和」という熟語が掲載されていた。「令倭」と「令話」の間に印刷された非語であったはずの熟語が、後年、意味を持ってしまったということになるだろうか。
 さらに「非語辞典」の人名編も登場。センサ―に手をかざすと自らの新しい名前が和太鼓の音とともに液晶画面に表示されるという作品。あらかじめ用意された名前のデータから、性別、国籍、ミドルネームなどをランダムに組み合わせて作られた名前で、おみやげのようにプリントアウトして持ち帰ることができる構想だったが、コロナ禍の安全上の問題から、希望者は画面を携帯で撮影して持ち帰るようになっている。
 森山学芸員によると「現在、AI流行りでメディアアーティストや現代美術作家が『人間以外のものが生成する』成立方法による作品に興味を示し、制作も盛んなので、それを1960年代末にすでに20代の作家グループとして展開していたCTG(コンピュータ・テクニック・グループ)の中心的メンバーだった幸村の作品を若い世代に紹介したい」との思いで取り上げたとのこと。
 文字を通して、意味と無意味、偶然と必然について考えさせられる。

 参加アーティストはほかに、名和晃平、吉岡徳仁、GRINDER-MAN、安藤英由樹、藤木淳、錯視ブロックプロジェクト、ジュスティーヌ・エマール、phono/graph、IDEAL COPY、CTG、森脇裕之、小阪淳、AR三兄弟、Rhizomatiks Research / ELEVENPLAY / MIKIKO / 真鍋大度 / 石橋素 / Kyle McDonald、渡邊淳司(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)、落合陽一 × 日本フィルプロジェクト(Visual: WOW)など。

執筆・写真①~⑤⑦:西澤美子(文中敬称略)

おさなごころを、きみに
7月18日(土)~9月27日(日)※月曜、9月23日は休館。9月21日は開館
東京都現代美術館(東京都江東区三好4-1-1)
☎03-5777-8600(ハローダイヤル)
料:一般1,300円、大学生・専門学校生・65歳以上1,000円、中高生800円、小学生以下無料
詳細:https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/Cherish-your-imagination/

参考文献:『のらもじ まちに出よう もじを探そう』下浜臨太郎、西村斉輝、若岡伸也 共著 エムディエヌコーポレーション 
http://noramoji.jp/

写真キャプション
① のらもじ発見プロジェクト「サン理容室」
② のらもじ発見プロジェクト「万代スポーツ」
③ 美術館1階のシャッターに、のらもじで書かれた「ようこそ」
④ のらもじで作られたポスターや看板
⑤ 幸村真佐男「非語辞典」1983年~
⑥ 幸村真佐男「二言絶句集」1983年~ 提供:東京都現代美術館 右端の列の中ほどに「令和」の熟語がある
⑦ 幸村真佐男「非語辞典 人名編」2011年 
※①~⑦すべて作家蔵