芸術広場芸術広場

「江戸の土木」展
―橋・水路・ダム・大建築から再開発エリアまで―

2020年11月5日

 徳川家康が豊臣秀吉の命で江戸に入府したのが1590年。当時の江戸は湿地帯が広がる農村で、約1万人の家臣が住む土地や飲み水もままならない状況だったという。そこで幕府は、海を埋め立てて土地を造成し、水路を整備して飲料水の確保や運河での物流の促進をはかった。また川に橋を架け、道路を造り、江戸城や、寛永寺、増上寺などの巨大寺院を建設した。本展は、こうした大規模な土木工事による江戸のインフラや建造物の様子を歌川広重や葛飾北斎らの浮世絵で紹介、東京のルーツを探り、その成り立ちを考える。

●橋
 出品された70点のうち27点を占めるのが橋を描いた作品。本展を企画した渡邉晃上席学芸員は「橋は土木技術の粋を集めたものであり、交通の要所でもあり、美しい形も伴っている。人々に親しまれる存在で、絵の題材になりやすかった」と分析する。
 中でも隅田川にかかる5つの橋、千住大橋、両国橋、新大橋、永代橋、吾妻橋は、規模も大きく、多くの絵が残されている。本展には5つすべての橋の絵が出品されているが、中でも新大橋を描いた歌川広重の「名所江戸百景 大はしあたけの夕立」は、ゴッホが模写したことでも知られる名作。激しく降り出した夕立から逃れるように足早に橋を渡る人々を描き、「橋が人の行きかう場所であることをうまくとらえ、ドラマの舞台になることを示している」(渡邉)。新大橋は元禄6(1693)年に隅田川で三番目に架橋された。橋の長さは108間(約197㍍)。工事業者は入札で決められ、52日の突貫工事で完成したと伝えられている。

 広重は、隅田川で最初に架橋された千住大橋と5番目の吾妻橋も描き、本展にも出品されているが、この二つの橋の注目作品は、二代歌川国明の「千住大橋吾妻橋 洪水落橋之図」(個人蔵)。千住大橋は家康の入府から4年後の文禄3(1594)年に、土木の名手伊奈忠次が建設した。約300年間流失がなかった名橋として知られたが、明治18(1885)年7月の台風による洪水で崩落。この絵には、千住大橋の残骸が下流の浅草で吾妻橋にぶつかり同橋も損壊し、さらに下流の厩橋に迫ろうとするところを人々が岸から綱を渡して食い止めた場面が描かれている。

●災害と復興・開発
 このように、江戸の町はしばしば洪水、火事、地震などの災害に見舞われたことから、災害後の復興としての土木も多く行われ、絵にも残されている。
 寛文元(1661)年、隅田川に2番目に架橋された両国橋は、明暦3(1657)年の大火で江戸市民が隅田川を渡れずに数万人の死傷者が出たことから建設された。広重の「東都名所 両国橋夕凉全図」では、94間(約171㍍)の橋の全景と、橋のたもとに火除地として両国広小路が設けられ、江戸随一の繁華街として賑わった西両国が描かれている。

 同じく、明暦の大火を機に、人形町付近から浅草の北の日本堤へと移転したのが吉原。一種の再開発で、以降は新吉原と呼ばれた。広重の「東都名所 新吉原五丁町弥生花盛全図」には、東西180間(約327㍍)、南北135間(約245㍍)、総坪数2万760坪の広大な敷地と周囲に巡らされた幅2間の鉄漿溝(おはぐろどぶ)の一部が描かれている。
 広重「名所江戸百景 深川木場」に描かれた木場も、明暦の大火後に、日本橋付近にあった材木河岸が移転した埋立地。深川は江戸初期には湿地帯だったが、深川八郎右衛門らにより小名木川以南へと埋め立てが進み、元禄14(1701)年に木場が造られた。

 地震の被害と復興を示す作品もある。安政2年10月に起きた安政の大地震で、浅草寺の五重塔の頂上の九輪(くりん)が曲がってしまった様子が描かれた「浅草寺大塔解釈」と翌年7月に出版され、九輪が元通りになっている歌川広重「名所江戸百景 浅草金龍山」。後者の絵が出版されたのが九輪の修理が完了した安政3年5月直後であることから、浅草寺の修復事業と安政の大地震からの復興を象徴する作品だとの見方がある。7月に出版されたにもかかわらず雪景色なのは、五重塔や雷門の赤と雪の白で、めでたい雰囲気を表しているという見方もある。

●埋立地
 家康が江戸に入府した頃は、現在の京橋、銀座あたりは、江戸前島という半島状の地形で、日比谷あたりまで海が入り込んでいた。家康が行った土木事業の中でも、早い時期に着手されたのが、この日比谷入江の埋め立てで、以降、八丁堀や築地、佃島、深川などが海側に向かって埋め立てられ、新たな土地が造成されて行った。
 その埋立地の様子を一望できるのが、広重の「名所江戸百景 深川洲崎十万坪」。空を飛ぶ大鷲が眼下の雪景色を見ているという奇抜な構図で広く知られるが、本展では、新田として利用されていた埋立地「十万坪」が見渡せることで、この作品に着目して展示している。

●水路
 幕府が江戸の造成で中心的に行った土木事業として、運河や上水などの水路の整備がある。江戸の人々の飲み水や水運用の水を確保するために整備された神田上水の様子を描いているのが昇亭北寿「東都御茶之水風景」。仙台藩が神田山を分断して掘削する大工事でできた人工の水路で仙台濠と呼ばれていた。画面中央に見える橋は、市中に飲み水を運ぶ掛樋という水道橋。水路を立体交差させる高度な土木工事の技術が見てとれる。現在も御茶ノ水駅から水道橋方面を見ると、描かれている風景と同じ地形が確認でき、江戸が身近に感じられる作品でもある。
 広重の「東都名所坂つくしの内 飯田町九段坂之図」も、現在の景色とほぼ一致する。描かれた九段坂の左手にある牛ヶ淵は、飲料水用に作られた貯水池(ダム)だった。

●土木に関わる人々
 建設機械などがなかった江戸時代には、多くの職人や人足たちが大規模な土木工事を支えた。大鋸を上下に分かれて挽く木挽たちを描いた葛飾北斎「冨嶽三十六景 遠江山中」や材木商が多く集まった堅川付近の様子を描いた葛飾北斎 「冨嶽三十六景 本所立川」などから土木に関わった人々の姿を見ることができる。

 江戸の土木は、災害を乗り越え、都市の機能を支え、開発で経済をうるおしたことが再認識できる。出品70点のうち、広重が34点、北斎が8点、国芳が3点など、ビックネームの作品も多い。当時の面影を残す場所や建造物もあり、浮世絵を手がかりに街を散策し、東京の成り立ちを肌で感じてみるのもよいだろう。
 なお、同展は、当初、6月2日(火)から28日(日)の開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、会期が変更された。
 
執筆:西澤美子(文中敬称略)

「江戸の土木」展 ―橋・水路・ダム・大建築から再開発エリアまで―
2020年10月10日(土)~11月8日(日)※月曜休館
10時30分~17時30分(入館は17時まで)
太田記念美術館(東京都渋谷区神宮前1-10-10)
☎050-5541-8600(ハローダイヤル)
一般800円、大高生600円、中学生以下無料
詳細:http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/

参考文献:「東京人」2020年7月号(都市出版刊)

写真キャプション
①歌川広重「名所江戸百景 大はしあたけの夕立」安政4(1857)年9月
②二代歌川国明「千住大橋吾妻橋 洪水落橋之図」明治18(1885)年 個人蔵
※右端の小さな残骸が千住大橋。ほかの2つの残骸が吾妻橋
③歌川広重「東都名所 両国橋夕凉全図」天保(1830~44年)後期頃
④歌川広重「東都名所 新吉原五丁町弥生花盛全図」天保(1830~44年)後期頃
⑤歌川広重「名所江戸百景 深川木場」安政3(1856)年8月
⑥作者不詳「浅草寺大塔解釈」安政2(1855)年頃
⑦歌川広重「名所江戸百景 浅草金龍山」安政3(1856)年7月
⑧歌川広重「名所江戸百景 深川洲崎十万坪」安政4(1857)年閏5月
⑨昇亭北寿「東都御茶之水風景」文化(1804~18年)頃
⑩歌川広重「東都名所坂つくしの内 飯田町九段坂之図」天保(1830~44年)後期頃
⑪葛飾北斎「冨嶽三十六景 遠江山中」天保元~5(1830~34)年頃
⑫葛飾北斎「冨嶽三十六景 本所立川」天保元~5(1830~34)年頃
※②以外は太田記念美術館蔵