芸術広場芸術広場

「パリ世紀末 ベル・エポックに咲いた華  サラ・ベルナールの世界展」

2019年6月19日

多彩な才能を開花させた大女優サラ・ベルナールの人生と芸術の世界を、箱根ラリック美術館で

■セルフ・プロデュースの重要性を知っていた大女優
 パリ世紀末を代表する大女優としてしばしば名前を耳にするサラ・ベルナール(1840/1844-1923)。チェコ出身の若き画家ミュシャの才能を見いだし、華麗なポスターをつくらせたことで有名だが、サラ自身がどのような人物であり、そしてどのような生涯をおくったかは、一般にはあまり知られていないのではなかろうか。

 「サラ・ベルナールの世界展」は、この大女優の全貌を明らかにする日本で初めての展覧会。会場でまず目に入るのは、ピンク色のドレスと装身具、いろいろな時代のポートレートだ。ドレスからは意外と小柄な女性であったことがうかがえるが、魅力的なポートレートの数々は、彼女がセルフ・プロデュースに長けていたことを教えてくれる。当時の教養ある高級娼婦の娘として生まれた彼女は、女優を志し、国立音楽演劇学校に入学、卒業後はコメディ=フランセーズに入団する。美声で演技力もあったが、恰幅のいい舞台女優が好まれていた時代、華奢な彼女には不利な面もあったという。


ヴァレリー「アレクサンドル・デュマ・フィス作 『異邦人』でのサラ・ベルナール」1876年
ダニエル・ラドゥイユ・コレクション

 
 だが、そのすらりとした優美な身体の線を強調したポートレートを撮らせて自身の魅力をアピールしたり、スタジオで撮影した舞台衣裳の姿をブロマイドにして頒布するなど、彼女は今でいうところのイメージ戦略に熱意があった。19世紀末から20世紀にかけて、次々に登場する新しいメディアへの関心も高く、カラー・リトグラフを大判のポスターに用いて舞台の宣伝を行ない、映画が誕生すると、舞台から銀幕にも進出した。1900年、56歳になる年での進出だから、彼女が後年まで進取の気概を保ち続けていたことがわかる。


ジャック・ドゥーセ「イブニングドレス」 19世紀末 個人蔵
サラの愛したバラがあしらわれている。


サラ・ベルナールの肖像写真 ダニエル・ラドゥイユ・コレクション
会場に並ぶ多くの写真は、ひとつひとつ見ていくと、とても興味深い。奇抜な行動でも知られるサラは、生前からバラの枯れ木の棺をベッドにしていたという。下段中央の写真は、その棺の中で眠るポーズをとるサラ。

■「それでもなお……」の前向きなモットーと、豊かな人間関係を携えて
 そんな精力的なサラの活動を支えたのは、ひとつには自らの強靱な精神力だったのは間違いない。印象的なのは、彼女のモットー「Quand Même(それでもなお……)」という言葉だ。ライバルの多い舞台女優としても、そして自身の劇場を運営し、アメリカなどの国外遠征にも果敢に挑戦した興行主としても、ストレスの多い人生だったはずだが、どんな困難があっても、「それでもなお……」と言いつつ、自らの強い意志をもって前に進み続けたのだろう。そしてそんなモットーを、贅沢にもティファニーの豪華な銀細工のセットに刻ませて、国外巡業にも持参したという。

 もう一つの彼女の支えは、多くの友人や恋人、愛人たちの存在だったといえそうだ。会場の相関図を見ると、舞台に協力した文豪ヴィクトル・ユゴーやデュマ、ジャン・コクトー、さらに英国のオスカー・ワイルドなど同時代の文学者や俳優に加え、政治家や実業家、貴族など当時の錚々たる人々が名を連ねている。会場にはまたサラを讃美する画家たちによる肖像画も並ぶ。とりわけ数が多いのは、生涯を通じての友人であり、また愛人でもあったと言われる女性画家ルイーズ・アベマの作品だ。おりにふれて、プライベートの時間を過ごすサラをさりげなくとらえた絵画や素描は、表向きのサラとは異なる表情を見せてくれて印象深い。


ティファニーの銀器セット 個人蔵
悲劇の仮面と、サラ・ベルナールのイニシャル「SB」の上に彼女のモットーが刻まれている。


ルイーズ・アベマ《サラ・ベルナール》1921年 エタンプ市美術館蔵
1923年、自宅での映画撮影中に倒れて78歳で亡くなったサラの、生前最後の肖像画となった。

■美術作品を生み出す才能と、美術家の才能を見いだす才能
 ところで、これまであまり知られていなかったのは、サラ自身が美術作品を制作していたことかもしれない。舞台でのストレスを発散するために始めたともいうが、絵画を描き、彫刻は師について学んだ。アトリエも構え、芸術家の登竜門であるサロン展にも入選し、パリ万博にも出品しているというから、彫刻家としての活動も本格的なものだった。今回の出品作《キメラとしてのサラ・ベルナール》は、自身をギリシア神話の怪物キメラに模したものだが、こうした主題も彼女らしくエキセントリックなものと言えるだろう。

 美術に対する彼女の鋭い感性は、若い才能をいち早く発見する面でも発揮されたに違いない。そのなかでも特に有名なのが、アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)であり、ルネ・ラリック(1860-1945)だった。パリに出てきたものの無名の挿絵画家だったミュシャは、1894年、サラの舞台ポスター《ジスモンダ》を手がけて大成功を収め、そしてその流麗な線を用いた優美な女性像で、一躍アール・ヌーヴォー芸術のスターとして時代の寵児となった。かたや、宝飾デザイナーのラリックは、1890年代前半に知人の紹介でサラと出会い、舞台装飾を依頼されるようになる。と同時に、個人としてのサラの宝飾品の注文を受け、これが社交界への入り口となって後の成功へとつながっていくのである。


サラ・ベルナール《キメラとしてのサラ・ベルナール》1880年頃 エタンプ市美術館蔵
本来、ライオンの頭であるべきところがサラの頭になり、山羊の胴体、蛇の尻尾、さらに翼が加えられている。


(左)アルフォンス・ミュシャ 「ジスモンダ アメリカツアー版」 1895年 リボリアンティークス蔵
(右)アルフォンス・ミュシャ「ロレンザッチオ」1896年 堺 アルフォンス・ミュシャ館蔵(大阪府堺市)
《ジスモンダ》はミュシャの出世作で、この展示作は後にアメリカ公演のために再版されたもの。『ロレンザッチオ』は、サラが初めて男役を務めた作品。

■箱根ラリック美術館で「サラ・ベルナールの世界展」を見る喜び
 会場では、サラに大きなチャンスをもらった二人、ミュシャとラリックのコラボレーションを見ることができる。1895年に上演された舞台『遠国の姫君』のためにミュシャがデザインし、ラリックが制作したユリの花の冠だ。生命力あふれる大輪のユリに飾られたサラのイメージは強い印象を残し、のちにたびたび複製されることになる。ついにはビスケット缶や、さらには遙か遠国の日本の短歌雑誌『明星』の表紙も飾ることとなった。

 さて、この展覧会は、2018年に群馬県立近代美術館で開催が始まった巡回展だ。出品作に入れ替えがあり、会場ごとに雰囲気も異なるだろうが、この箱根ラリック美術館でこの展覧会を見る醍醐味のひとつは、やはりサラとラリックとの関係性だろう。サラと出会った当時のラリックは、カルティエといった高級宝飾店のために、高価な宝石をふんだんに使った豪華なジュエリーのデザインを請け負っていた。だが、サラというパトロンを得た彼は、独自の道を追求するきっかけを得る。目指すのは、用いる宝石の数や大きさや豪華さではなく、デザイン性で勝負するジュエリーであり、富豪でなくとも楽しむことのできる宝飾品だった。そしてその志向は、宝石よりもさらに廉価で汎用的なガラスを用いたデザインへと、ラリックを向かわせることになる。私たちが知る、アール・ヌーヴォーやアール・デコを代表するデザイナー・ラリックが誕生したのは、このサラ・ベルナールとの出会いが契機だったとも言えるのだ。

 箱根ラリック美術館は、ラリックのジュエリー、ガラス作品、家具、さらにそれらを総合的に紹介するインテリアデザインの再現空間を常設している美術館で、照明を工夫したその展示空間も素晴らしく美しい。ラリックのいわば出発点の一つが見られる今回の企画展と、その後の展開を楽しめる常設展とを行き来しながら、サラ・ベルナールとラリックの生きた時代をじっくりと味わいたい。

デザイン:アルフォンス・ミュシャ/制作:ルネ・ラリック 「舞台用冠 ユリ」1895年頃 箱根ラリック美術館蔵
『遠国の姫君』のためのユリの冠。ガラスと真珠が用いられている。

「『遠国の姫君』のサラ・ベルナール」 箱根ラリック美術館蔵

箱根ラリック美術館 常設展示室


サラは、しばしばブルターニュ地方の島の別荘ですごした。庭園に面したカフェ・レストランでは、企画展メニューとして、ブルターニュゆかりの「ガレット」(そば粉を用いたクレープ)が楽しめる。

【参考】『パリ世紀末 ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展』図録

執筆:中山ゆかり
(2019年6月)

※会場内の風景および画像は、主催者の許可を得て撮影したものです。

【展覧会名】
「パリ世紀末 ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」
【会期・会場】
2019年3月28日〜6月30日 箱根ラリック美術館

休館日:会期中は無休
開館時間:9時~17時(入場は16:30まで)
[展覧会詳細] http://www.lalique-museum.com/museum/event/detail.html?id=43