芸術広場芸術広場

「江戸の凸凹-高低差を歩く」展 

2019年6月20日

 浮世絵に描かれた江戸の街と現在の東京を比べると、町並みは違っていても地形は変わっていないことに気付かされ、タイムスリップしたようなワクワク感がわき起こる展覧会「江戸の凸凹-高低差を歩く」展 が、6月26日まで、東京・原宿の太田記念美術館で開かれている。
 この展覧会は、地形の高低差を意識した構図の浮世絵を、主に描かれたエリアごとに分類して展示。同じ場所で撮影された現在の写真が並べられている作品もある。また、東京スリバチ学会会長の皆川典久氏が作成した東京の高低差が色分けされた地形図に、浮世絵が描かれた場所が記された作品リストを手にすれば、昨今流行りの坂道やスリバチ地形などをめぐる街歩きをする気分で美術館を巡ることができる。

 ●江戸の坂
 最初のコーナーは「江戸の坂」。本展出品作全80点中70点を占める歌川広重が手掛けた<東都名所坂つくし>シリーズ全10図のうちからの5図「牛込神楽坂之図」「昌平坂御茶ノ水」「飯田町九段坂之図」「伊皿子潮見坂之図」「江戸見坂之図」をはじめ、葛飾北斎の「諸国瀧廻 東都葵ケ岡の滝」などが展示されている。
 「牛込神楽坂之図」は神楽坂から現在の飯田橋駅方面を眺めた視点で、遠くに外濠と江戸城の牛込見附が描かれている。「江戸見坂之図」は現在の虎ノ門のホテルオークラの脇を通る急な坂道がモチーフ。当時は江戸を一望でき、階段に腰かけて眺めを楽しむ人々もいたことがわかる。また、「東都葵ケ岡の滝」の滝は現在の港区虎ノ門2丁目に存在していた溜池から流れ出す水流のことを指し、滝の左側が葵坂だという。
 本展を企画した渡邉晃主幹学芸員は「坂道は名前もそのまま残っていたり、風景もほとんど変わらないので、江戸時代とのつながりが一番感じられるのではないか」という。

 ●御茶ノ水・神田エリアの浮世絵
 江戸で最も凸凹が激しいと言っても過言ではない「御茶ノ水・神田エリア」の作品からは、広重の「名所江戸百景 昌平橋聖堂神田川」に着目。都心でも屈指の高低差に富む地形として知られる現在の御茶ノ水駅近くの昌平橋からの視点で神田川とその右手に湯島聖堂を描いている。この渓谷は、元は神田山と呼ばれた台地に神田川を通すために、仙台藩が幕府の命で開削してできた人工の渓谷で1661年に完成した。切り立った渓谷の描写から地形の高低差がよくわかる。

 また、広重が湯島天神の雪景色を描いた「名所江戸百景 湯しま天神坂上眺望」は、本郷台の台地の際に建つ湯島天神の境内の東側がかなり高低差のある崖地となっているのがわかる作品。池之端の街並みや不忍の池の眺望、その向こう側の上野台の高台や寛永寺や清水堂も描かれている。
 渡邉氏は「崖際は見晴らしも良く、階段で登っていくという高揚感や神聖な感じもあり、神社・仏閣が高い所に建つのは周知のことだが、浮世絵で見ると本当に崖際に建っているということが改めてわかる」と話す。

 このエリアでは、ほかに、広重が得意の近像型構図で手前に鯉のぼりを描き、本郷台から水道橋と神田川を見下ろし、外濠の向こう側に飯田町の武家地や江戸城を望む「名所江戸百景 水道橋 駿河台」なども展示されている。

 「王子・飛鳥山エリア」からは、石神井川によって削られた谷が作り出す景観を描いた広重「名所江戸百景 王子滝の川」「東都名所 王子滝の川」などが展示されている。広重が王子稲荷の境内がある台地をやや離れた視点から描いた「江都名所 王子稲荷」は「普通の広重の風景画展では絶対に出さない絵」だが「山の形がすごくよくわかる」(渡邉氏)ため、今回は地味ながらも注目の1点となっている。

 「愛宕山・芝エリア」の昇亭北寿「東都芝愛宕山 遠望品川海」は東京23区最高峰の標高25.7mの愛宕山を描いている。どっしりとした山の塊が高低差を強く感じさせる。

 「上野エリア」の歌川豊春「江戸名所 上野仁王門之図」は1764~72年頃の作品で、上野が島のような形であることが確認できる。写真を見ると現在もそっくりなことに驚かされる。

 ほかに、目黒エリア、品川・御殿山エリア、浅草エリア、日比谷・日本橋エリア、佃島・築地エリア、深川・木場エリアからも高低差を示す浮世絵が展示され、最後に、俯瞰図として描かれた北尾政美「江戸名所の絵」が紹介されている。江戸の東側から富士山を眺める構図で、隅田川や浅草寺、江戸城、愛宕山と増上寺など、江戸の地形や水路、名所などが一望できる作品。江戸が高低差に富み、水に恵まれた都市であったことが改めてうかがえる。

 「浮世絵というと距離感があるように感じるが、江戸の地形と今の地形はほとんど変わっていない。地形を通じて浮世絵を見ることで、その距離感がぐっと縮まり、身近に感じられるのでは」と渡邉氏。「建物がなければ、ここからこの方向に海が見えるのか」など、本来見えるはずの眺望を知ることもできるという新たな発見もあった。

執筆・写真①②③⑥⑦⑧⑩⑪:西澤美子

「江戸の凸凹―高低差を歩く」展
2019年6月1日(土)~26日(水)※月曜休館
太田記念美術館(東京都渋谷区神宮前1-10-10)
☎03-5777-8600(ハローダイヤル)
一般700円
詳細:http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/

参考文献:「東京人」2019年7月号(都市出版刊)

写真キャプション
①歌川広重「東都名所坂つくしの内 牛込神楽坂之図」 天保(1830~44)末期頃
②葛飾北斎「諸国瀧廻 東都葵ケ岡の滝」 天保4(1833)年頃
③歌川広重「東都名所坂つくしの内 江戸見坂之図」 天保(1830~44)末期頃
④歌川広重「名所江戸百景 昌平橋聖堂神田川」 安政4(1857)年9月
⑤現在の昌平橋からの風景
⑥歌川広重「名所江戸百景 湯しま天神坂上眺望」安政3(1856)年4月
⑦歌川広重「名所江戸百景 水道橋 駿河台」 安政4(1857)年閏5月
⑧歌川広重「江都名所 王子稲荷」 天保(1830~44)中期頃
⑨昇帝北寿「東都芝愛宕山 遠望品川海」 文化(1804~18)頃
⑩歌川豊春「江戸名所 上野仁王門之図」 明和7(1764~72)年後期頃
⑪北尾政美「江戸名所の絵」 享和3(1803)年

作品はいずれも太田記念美術館蔵