芸術広場芸術広場

ヒロシマ・アピールズ展

2018年8月19日

美しい蝶が燃え落ちる。PEACE、PEACEと鳴く鳥たち。
亀倉雄策ら日本を代表するデザイナーによる、
平和への願いをこめたポスター展。★ 9月9日まで会期延長。

 ■1983年、ポスター制作が始まった
 1945年8月6日、月曜日、午前8時15分。広島市に原子爆弾が投下された。人類史上初となる核兵器の使用だった。同年8月9日、木曜日、午前11時2分。長崎市に原子爆弾が投下された。

 あれから73年が経った。2018年の夏は格別の暑さだ。いま、東京ミッドタウンにある21_21 DESIGN SIGHTのギャラリー3(左側の建物)で、「ヒロシマ・アピールズ展」が開かれている(会期延長となり、9月9日まで開催。無料)。「ヒロシマ・アピールズ(HIROSHIMA APPEALS)」とは、ヒロシマは訴える、ヒロシマの心を訴える、の意。これは、原爆の惨禍を忘れずに平和を希求することを国内外に呼びかけるポスターを制作し、広く頒布するという活動である。1983年に広島国際文化財団と日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)〈ジャグダ〉が共同で始めたもので、2013年にヒロシマ平和創造基金が主催団体に加わった。

 JAGDAは、現在3000人のグラフィックデザイナーが所属する全国組織。1978年に設立され、作品集の発行、「亀倉雄策賞」「JAGDA賞」「JAGDA新人賞」の選定やその他、グラフィックデザインの質的向上のための活動を実践してきた。第1回のヒロシマ・アピールズのポスターは、当時JAGDA会長だった亀倉雄策さんが無償で制作を引き受け、実現した。以後、中断はあったものの、毎年一人のデザイナーが選ばれ、新作ポスターの制作を続けている。ポスターは広島市長に贈呈され、毎夏、広島で展覧会を開催している。

 ■言葉を超えて訴える/グラフィックデザインの力
 真っ青な空に映える「ひろしま あぴーるずてん」の白抜き文字が、私たちに話かけてくるようだ。そんな本展の告知ポスターに導かれ、展覧会場に入った。安藤忠雄さんの設計による建築の内部にも夏の青空が広がっていて、驚かされた。そしてそこに、歴代のヒロシマ・アピールズのポスターが21点並んでいる。全てB1という103×72.8cmの大きなサイズだ。また、13歳のとき広島で被爆し、生涯、病と闘った片岡脩(かたおか・しう)さん(1932~97年)が、100枚を目標に制作を行ってきた平和ポスターも特別展示されている。なお、本展覧会の告知ポスターや会場構成などのアートディレクションは、JAGDAの前会長である浅葉克己さんが担った。

 ●亀倉雄策《HIROSHIMA APPEALS 1983「燃え落ちる蝶」》 第1回のヒロシマ・アピールズが、亀倉雄策さん(1915~97年)の《燃え落ちる蝶》(1983年制作)である。青、赤、緑、黄などの色彩の沢山の蝶が、オレンジの炎をまといながら落ちていく。美しい蝶たちの生命が果てていく情景。原爆の恐ろしさ、戦争の悲惨さが観る者の胸に強く重く響く。亀倉さんは、「私は、「平和」というものは厳粛なものだと思っています。姿勢を正して語り、思考するものだと思います。そうして、これほど身近な問題でありながら、これほど困難な問題は他に類を見ない…」「平和ポスターには、ひとひらの詩情とひとすじのドラマがなくてはなりません。(中略)情熱を燃やすことで、ほんとうに人びとの心を動かすポスターがつくれる、と私は信じています」★と語っている。1985年9月5日、フランスのニースで開かれた国際グラフィックデザイン団体協議会の講演での言葉だ。本作のイラストは、亀倉さんが描いたアイデアスケッチをもとにイラストレーターの横山明さんに依頼。その後、納得がいくまで相当の調整を重ね、ポスターの完成に至った。この作品は、1964年東京オリンピックの公式ポスターとともに亀倉さんの代表作の一つとなった。(★参考文献1の『HIROSHIMA APPEALS POSTERS 1983-2017』、4-5頁より引用)

 ●粟津潔「鳥たち」/福田繁雄「地球」 第2回のポスターは、粟津潔さん(1929~2009年)による「鳥たち」(1984年制作)だ。画面一杯に明るい色彩で大きな眼の鳥たちを描写した。鳥は様々な方向を向き、皆、口を開いて何か言っている。上部に「LOVE PEACE}の文字。粟津さんは、名チェリストのパブロ・カザルスが作曲した「鳥の歌」に感動し、この曲に想を得て本作を制作した。「鳥の歌」はスペイン・カタロニア地方に伝わる民謡に基づいて作られた。カザルスは「鳥はPEACE、PEACE(ピッチ、ピッチ)と鳴く」と語っている。第3回の福田繁雄さん(1932~2009年)の「地球」(1985年制作)は、太い線で表現された大きな地球が、自らの手でその壊れた部分を修理している。独特のユーモアと簡潔なデザインが強靭だ。

 ●早川良雄「子供と鳩」/田中一光「一羽の白い鳩」 亀倉さんと同世代の早川良雄さん(1917~2009年)が制作したポスターは、「子供と鳩」(1986年制作)だ。筆者は、早川さんの作品集を編集させていただいた際、戦争中のお話をうかがったことがある。本作は、真っ白な背景に少女が一人立つ。手を差し伸べたその先に白鳩がのる。淡い色彩で描かれた清浄な世界に祈りが満ちる。早川さんは、本作でイラストとデザインという異質な空間把握の融合による効果を追求した。一方、田中一光さん(1930~2002年)は、平和の象徴として普遍性をもつ鳩だけをあえて題材に選び、「一羽の白い鳩」(1988年制作)をデザインした。鳩を正円のみで構成。背景にきのこ雲を配す。東洋的な思想に基づく表現を目指したという。

 ●浅葉克己「忘れてはならない時刻、815。」/葛西薫「夏の陽のまぶしさ」/服部一成「疑問符、2018」 浅葉克己さん(1940年~)による《忘れてはならない時刻、815。》(2009年制作)は、第12回のポスターだ。その時刻で止まった真っ黒な時計の写真の上に、鮮烈な青色の手の形が置かれる。観る者にその時を直感させる。葛西薫さん(1949年~)の「夏の陽のまぶしさ」(2013年制作)は、白地に空を見上げる男の人の上半身が太い墨の線で描かれている。力強い墨線に、その造形に、感情が溢れる。葛西さんは指名を受けたとき、自分に何ができるのか、ポスターに何ができるのかと苦しんだが、白い紙を前に筆を持ったら、しぜんに筆が動いたそうだ。そして、最新作の作者は服部一成さん(1964年~)だ。その「疑問符、2018年」(2018年制作)は、水色の空に柔らかな白雲が疑問符を形づくる。巨大なクエスチョンマークである。
 
 ■じっくり向き合いたい展覧会
 本展の開幕前日のプレス向け内覧会で、JAGDA前会長の浅葉さんは「世界にもっていきたい展覧会だと思います」と話された。ヒロシマ・アピールズの一作一作には、日々の研鑽のもと、大きな課題に取り組んだデザイナーの方々の情熱がこもっている。この夏、じっくり向き合いたい貴重な展覧会だと思う。
 

 ※会場の21_21 DESIGN SIGHTは、デザインを通じて物事を考え、発信し、提案する場。三宅一生さんが創立し、2007年に開館した。現在、ギャラリー1&2では、企画展「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」が開催中だ(10月14日まで)。展覧会ディレクターは、NHK 教育番組「デザインあ」のディレクション等でも活躍する中村勇吾さん。ミュージシャンの小山田圭吾さん(Cornelius)が書き下ろした新曲をテーマに9組の作家が映像作品を創作。一つの音楽を軸に多彩な映像が展開し、「音の建築」が立ち上がる。


【参考文献】
1) 公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会 広島地区 企画・編集:『HIROSHIMA APPEALS POSTERS 1983-2017』、公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会 発行、第1版 2014年、増補改訂版第1版 2017年。

執筆:細川 いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2018年8月)

※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。



写真1 会場風景。
会場入り口。
展覧会アートディレクションは浅葉克己。
(撮影:I.HOSOKAWA)



写真2 会場風景。
左から、亀倉雄策《HIROSHIMA APPEALS 1983「燃え落ちる蝶」》、1983年。
粟津潔《HIROSHIMA APPEALS 1984「鳥たち」》、1984年。
福田繁雄《HIROSHIMA APPEALS 1985「地球」》、1985年。
(撮影:I.HOSOKAWA)



写真3 会場風景。
左から、早川良雄《HIROSHIMA APPEALS 1986「子供と鳩」》、1986年。
永井一正《HIROSHIMA APPEALS 1987「閃光に砕ける翼」》、1987年。
田中一光《HIROSHIMA APPEALS 1988「一羽の白い鳩」》1988年。
奥に一部見えるのは、浅葉克己《HIROSHIMA APPEALS 2009「忘れてはならない時刻、815。」》、2009年。
(撮影:I.HOSOKAWA)



写真4 会場風景。
左から、葛西薫《HIROSHIMA APPEALS 2013「夏の陽のまぶしさ」》、2013年。
井上嗣也《HIROSHIMA APPEALS 2014「記憶」》、2014年。
(撮影:I.HOSOKAWA)

【展覧会名】
 ヒロシマ・アピールズ展
 HIROSHIMA APPEALS Exhibition
【会期・会場】
 2018年8月4日~9月9日 21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3(東京ミッドタウン)
 10時~19時開館〈火曜休館〉(入場料はギャラリー3のみ無料)
 電話:03-3475-2121
[展覧会詳細] http://www.2121designsight.jp/gallery3/hiroshima_appeals/
[21_21 DESIGN SIGHTのHP] http://www.2121designsight.jp/

[日本グラフィックデザイナー協会HP] http://www.jagda.or.jp/

※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。