芸術広場芸術広場

江戸東京たてもの園特別展「東京150年記念 看板建築展」

2018年7月4日

 「看板建築」と呼ばれる建物がある。関東大震災後の東京に数多く建てられたが、次第に数を減らしつつある。江戸東京博物館の分館である江戸東京たてもの園では、「東京の街の歴史を見つめてきた建築」として1993年の開園当初から積極的に収集し、現在、6棟を移築・復元し、保存・公開している。現在、その江戸東京たてもの園で、同園でも初めて、同園学芸員の阿部由紀洋さんによると「恐らく全国的にも初めてではないか」という「看板建築」をテーマにした展覧会「看板建築展」が開かれている。模型や写真、絵画や映像など約90点で看板建築というものを紹介している。

 
「建築探偵」が見出した「看板建築」
 「看板建築」、何だか気になるこの言葉を世に広めたのは、現在、江戸東京博物館の館長を務める建築史家で建築家の藤森照信氏(1946~)だった。当時27歳の学生だった藤森氏が、建築史家・堀勇良氏(1949~)と共に「東京建築探偵団」として都内の近代建築を調査する中で見つけた一群の建築形式に「看板建築」と名付け(堀氏の発案による)、1975(昭和50)年の「日本建築学会大会」で藤森氏によって発表された。「看板建築の概念について」というタイトルで、「建築ファサードが、看板の如くに扱われている故に、看板建築と呼称する。」という内容である。6月16日に同展の関連企画として、同園で開催された藤森氏の講演会「看板建築発見記」で、「今考えると大学院生が建築の形式の呼び名を勝手に決めて学会で発表するなんてあってはいけないこと」と語り、笑いを誘った。学会の発表には珍しくたくさんの挙手があり、『ジャーナリスティック』だと批判を受けたが、『そもそも看板建築自体が、(客の心をつかむという)ジャーナリスティックな性質を持っている』と反論し、皆、妙に納得した」と振り返った。議論をする中で誰もがいつの間にか「看板建築」と呼んでいたというので、やはりフィットしたネーミングだったのだろう。現在は、日本建築学会の学術用語に登録されている。

 再開発などにより 看板建築が減少していく中で、江戸東京博物館及び江戸東京たてもの園が設立されることになり、藤森氏がたてもの園の収蔵を建築史家の渡辺保忠氏と共に担うことになった。同園に移築する建物を探しながら町を歩き、見つけたのが白金の「小寺醤油店」だったという。講演では、武居三省堂は取り壊しが迫る中、部材など運び出せるものを運び出し、開館までの間、保管していたという話も紹介された。また、藤森氏は、看板建築の中に江戸の伝統を踏襲した部分と近代化した部分を確認しようとしたが、比較の対象となる江戸の町屋も土蔵も東京に一棟も残っていなかったことから、消えゆく建築は「標本」つまり文化財として保存しておきたいとの思いを強くした、と「看板建築」(三省堂発行)に記している。改めて「江戸東京たてもの園」の重要性を感じる。

看板建築へとつながる「バラック建築」
 展覧会は「第1章 関東大震災~焼け野原の東京」から始まる。1923(大正12)年に起きた関東大震災、その後に建てられた仮設の建物「バラック建築」が看板建築誕生へとつながっていく。 「第2章 バラックの街並み」では、「考現学」の創始者として知られる今和次郎(1888~1973)が描いたバラック《土ムロのような家》《煉瓦塀を壁にした家》などが展示されている。簡易的な造りではあるが、どれも個性的で創意工夫に富んでいる。紹介されているバラックには、遠藤新設計の「北京料理 盛京亭」(『建築写真類聚 バラック建築 卷1』1923年より)、吉田五十八(1894~1974)設計「大木合名会社」 (『建築写真類聚 バラック建築 卷2』1924年より)など、一流と呼ばれる著名な建築家の名も連なる。西洋の建物を意識したようなモダンなデザインで、素敵だ。これらの建物は震災復興の希望、近代化の象徴であったのだろうと思う。同展冊子によると、吉田は数寄屋建築の近代化に努めた建築家で、空襲で大きな被害を受けた歌舞伎座の復興を手掛けたという。
 また、1872(明治5)年に日本初の洋風調剤薬局として銀座で開業した資生堂の震災で被災した出雲町店の仮設店舗をデザインした洋画家・川島理一郎(1886~1971)による原画も展示されている。バラック建築と看板建築の共通点として、「木造であること」と洋風をベースにして「ファサードが平坦」という点が挙げられている。

 今和次郎は仲間と「バラックを美しくする」活動を行う「バラック装飾社」を立ち上げたということで、おもしろいなと思いながら、看板や案内状などの活動の様子を眺める。メンバーは他に、彼の東京美術学校(現在の東京芸術大学美術学部)の後輩である吉田謙吉や画家の中川紀元(1892~1972)ら10人。食堂やカフェ、書店などで、壁や室内などにペンキで模様を描いたり彫刻で飾った。「看板建築」には、明治になりヨーロッパの建築の考え方が日本に導入されたが、それは「建築家が個人の表現をする」という、それまでの日本の建築の概念になかったものだという記述があるが、まさにこの活動はそれにあたると思いながら見つめる。

実用性なども備え、生まれた看板建築
 震災後の復興は抜本的な都市改造を目指すものだった。鉄筋コンクリート造の建物が建てられ、看板建築もそんな時代の中で誕生した。「第3章 看板建築の誕生」では、写真や模型などで看板建築の特徴を紹介する。絵葉書「(東京)神田小川町より神保町九段方面を望む」のパネルは、当時の街並みの中での看板建築が並ぶ様子が分かり興味深い。小さめな四角い箱のような建物が同じように並ぶ様子はかわいらしい。小さいながら、注目を浴びるようにそれぞれ頑張って立っている。その時代の日本人、そこに住む人の姿そのものであるように思える。看板建築はそのサイズ感や人の手が感じられる温かみなどもあり、愛らしい建築だと思う。

 看板建築の特徴として、同展では「間口が狭く奥行きがある建物が多い」「木造建築で、建物の正面部分(ファサード)が平坦」「ファサードは銅板やタイルを張ったり、モルタルで仕上げる」「屋根には『腰折れ屋根(マンサード屋根)』を用いることが多い」「装飾豊かなファサードや精緻な銅板張り」の5点が挙げられている。区画整理の中、短冊形の土地に建てられた看板建築は、注目を引くという目的だけでなく、敷地の有効利用や銅板やタイルによる耐火性など実用性も意識したことで生まれた建築だといえる。フランスのルイ14世時代に活躍した宮廷建築家のマンサールが考案し、西洋館では名高い屋根裏の作り方だというマンサード屋根が多く使われているのは、そのモダンな見た目だけでなく、木造3階建てが禁止される中で「屋根裏」として審査に通るための策だったという。しかもそれは、審査にあたっていた警察からアドバイスを受けたという話も伝わっていて、時代を感じる。

 意匠を凝らした自由な外観デザインのほとんどが施主自ら、または知り合いの画家や大工の棟梁などの手による自由で個性的という点が、なにより看板建築をユニークなものにしている。ファサードが平坦のためにスケッチの延長でデザインができたが、施主の描いたデザイン案の実現に苦労したなんていう話もあったようだ。素人がやるものだから「なんとなくかっこいい」デザイン要素を取り入れつつも、断片的だったり、完璧でないところが「ご愛嬌」だ。冊子のコラム「看板建築の個性」では、園内に移築されている4つの看板建築について解説されているが、例えば、横面から見た柱の姿を捉え、「看板建築では、正面ファサードに全力が注がれるということが実感される部分」といった説明がされているなど、楽しみながら細部について学ぶことができる。

看板建築から時代の移ろいを見る
 看板建築には、銅板が張られたデザインが多い。藤森氏を引きつけたのもその点にあるという。そして銅板により、麻の葉・竹などの江戸小紋が形作られているところが、なんとも粋である。洋風を目指しつつも身近な伝統文様が顔を覗かせる。この和洋織り交ぜたデザインが、時代の変化のただ中にあったことを感じさせる。実際に、外観や店部分のみ洋風にしていても住宅部分は和風であったそうだ。藤森氏たちの調査によると、銅板張りの看板建築は関東と中部地方に存在していたものだったようで、中でも看板建築が建てられた新橋や築地、人形町や神田、浅草などには江戸から続く職人が多かったことも関係していると考えている。

 復興に携わっていた地方の職人が地元に帰ることにより、看板建築は関東近県をはじめとする各地へ広がりを見せた。「第4章 看板建築の伝播」では、青梅、川越、茨城県石岡市、静岡県三島市の看板建築を写真で紹介する。宿場町や城下町として栄えていた場所である。こうして写真では、建物そのものを比較しながら手軽に楽しめるが、各地のこれらの建物を発見していくには、時間や労力、そして発見の喜びがあっただろうと想像する。

 「第5章 看板建築の今」は、失われつつある看板建築の、保存や移築など現在の状況を紹介する。多くは失われながらも、自治体の取り組みや国の登録有形文化財として保護されているものもあるということに、ほっとする。本展には、ファサードデザイン画や玩具店のトレードマークだったダルマ、包装紙なども展示されている。最後にエピローグ「看板建築を守る『丸二商店修繕工事』」として、同園に移築されている「丸二商店」の2016年に行われた大規模な修繕工事の様子を紹介して、展示は締めくくる。

江戸東京たてもの園で看板建築に出合う 
 ここで嬉しいのは、看板建築展の展示を見たあとにすぐ実物の看板建築に出会えることである。同園には、6棟が移築・復元され、保存・公開されている。外観のデザインを見つめ、実際に中に入り、感じることができる。町の中に立っていた姿は魅力的だったと思うが、こうしていつまでも保存され、気軽に中に入ることができるのは有難い。

 前出の「看板建築」で、藤森氏は工場などで大量生産された商品を販売する多数の商店が、人々を引きつけるために派手で個性的なデザインになったという点において、看板建築の誕生が近代という<消費の時代>の始まりを象徴すると締めくくっている。「看板」という名を噛みしめる。看板建築の個性的かつユニークな外観を楽しむ一方で、震災後から続く昭和の東京における建築の歩みやそこに込められた人々の思いなどに触れ、改めて近代、建築、消費などについて考える機会となった。さすが「東京150年記念」の展覧会だと思った(文中、一部敬称略)。

・江戸東京たてもの園特別展「東京150年記念 看板建築展」東京都 江戸東京たてもの園=編集・発行、2018年

・「看板建築」藤森照信=文、増田彰久=写真、三省堂発行、1994年



(写真1)展示(第2章)の様子



(写真2)パネル 「看板建築の街並み(神田小川町より神保町方面)(絵葉書「(東京)神田小川町より神保町九段方面を望む)」(東京都江戸東京博物館蔵)



(写真3)会場風景



(写真4)海老原商店 ファサードデザイン画(黒沢武之輔、昭和時代初期、海老原義也氏蔵)



(写真5)江戸東京たてもの園内「下町中通り」の様子



(写真6)江戸東京たてもの園内。左から「武居三省堂(文具店)」、「花市生花店」

執筆・写真:堀内まりえ

【展覧会情報】
江戸東京たてもの園特別展「東京150年記念 看板建築展」
2018年3月20日~7月8日