芸術広場芸術広場

第29回 五島記念文化賞美術新人賞に三田健志(現代美術)

2018年5月22日

 平成30年度の五島記念文化賞(主催:公益財団法人五島記念文化財団)の受賞者が決まり、美術新人賞に現代美術の三田健志が選ばれた。同賞は、美術とオペラの分野における優れた人材の発掘と育成をはかるため平成2年に創設され、今年で29回を数える。4月17日に東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急で贈呈式が行われ、五島記念文化財団の鈴木克久理事長から賞状と賞金50万円、副賞として1年間の海外研修費400万円の目録が授与された。なお、海外研修の終了後には帰国後3年以内の成果発表に対して350万円が助成される。

 三田は1979年広島県広島市生まれ。2004年、多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻修了。2014年TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD グランプリ、2015年キャノン写真新世紀 優秀賞、2016年JAPAN PHOTO AWARD 2016を受賞している。
 写真を主な表現手段として「経験」をテーマに活動を展開してきた。近年は、ウェブ上のアーカイヴから収集した商用・改変使用可能な画像を用いた作品を多く制作している。例えば、贈呈式の会場ロビーに展示され、数年にわたって発表してきた連作「等高線を登る」の1枚は、世界中から画像共有サイトにアップロードされた画像を収集して、「誰かが撮った写真をカメラで撮影するという作り方をしている」。サイトで画像に付けられたキーワード(タグ)を辿りながら画像を収集し、それらを一旦紙に印刷して手でしわをつけるなどした後にカメラで撮影。「今日の私たちの経験について考えた時に、自らの身体で体験する以外にも誰かがアピールしたものを受け取ること、例えば、SNSや広告などでの間接的な経験がどんどん比率を増して来ていて、誰かの目を通して世界を見ているようなところがあるのではないかと思った」。「等高線を登る」では、そうした経験を「横断しながら旅を続けたある冒険家の旅の軌跡を通して描き出そうとした」。

 研修は、来年3月からアメリカ・ハワイ諸島を拠点に開始する。
 贈呈式の講評で、美術部門選考委員長で世田谷美術館の酒井忠康館長が「ハワイと聞いてびっくりした」と述べたように、研修先にハワイを選んだのは美術部門のこれまでの受賞者61名の中で初めて。
 贈呈式後の祝賀パーティでのスピーチで、三田は「ハワイは、日本との関係が古くから深く、例えば、貧困の問題であるとか、移民の問題であるとか、僕が関心のある文化の二次創作のような問題など、今日の社会を取り巻く諸問題が先駆けて検討され続けてきた場所。そうした場所に直接この身をさらして、現地で出会う人やものごとに真摯な態度で触れることでハワイと日本、社会と表現に対するまなざしを深めて来たい」と語った。また、「僕は広島出身で、戦争に対してもそれなりの思いがあるが、体験はしていない。ハワイの日本からの移民も5代目くらいになっていて、パールハーバーを攻撃された時の日本人がどのような体験をしたかは、本人ではなくて、語り継がれるかたちで引き継がれているなど、複雑な社会の中で日系人がどのような経験をしてきたのかに興味がある。また、ハワイはずっと火山が活動していて、大地が生成されていることが可視化されている珍しい土地。そのような複雑な環境の中にいる人たちが社会とどのように関わっているのか、あるいはどのような表現がなされているかにも興味があり、いろいろと示唆があるのではないかと考えている」と期待を寄せている。
 三田を推薦した世田谷美術館の野田尚稔主任学芸員は、三田の作品は「自己言及的なものの先に何かを求めるのではなく、自己言及せざるを得ない自分自身が作品に強く現れている。写真というメディアを用いているが、写真以前の表現の問題に入り込んでいる」と評した。
 美術部門の顕彰、助成の対象者は40歳以下で日本国籍の美術制作家。選考は12名の推薦委員が推した12名の候補者の中から、酒井忠康をはじめ、多摩美術大学教授の海老塚耕一、美術評論家の宝木範義、東京芸術大学教授のたほりつこ、長野県県民文化部信濃美術館整備担当参与の松本透、京都国立近代美術館館長の柳原正樹の6名の選考委員が、作家によるプレゼンテーションと面接をもとに行った。

・ギャラリー・ハシモトで展覧会開催中
 三田は東京・東日本橋のギャラリー・ハシモトで、企画毎に構成員を変えて活動するユニット「構想計画所」としての展覧会を5月26日まで開催中。構想計画所は、「無人島」、「人間の不在」、「他者」などを巡って2009年から制作を行ってきた。今回は三田と美術家の前野智彦、彫刻家の小林耕二郎が写真、彫刻、絵画、映像などで「想像力とは何か」をテーマに作品を発表している。三田は画像共有サイトにアップロードされた商用・改変使用可能な画像の中から海や砂浜の写真を選び、それを全く無関係な現実の砂浜に突き立てて撮影した写真を展示している。砂浜に立てられた写真は、本物の海とつながっているようにも見えるが、写真の裏側に隠れた世界は見ることが出来ない。ドキュメントであったはずのものが力を失うことや、画像共有サイトの写真が現実のものとして認識されてしまい、まわりの現実の世界の方をつじつまが合うように変化させてしまう危険な視点について示唆する。

執筆・写真 西澤美子(文中敬称略)

構想計画所「想像力の回転」
5月11日(金)~26日(土)※月・日・祝休廊
ギャラリー・ハシモト
東京都中央区東日本橋3-5-5矢部ビル2階
☎03-5641-6440
12時~19時
http://galleryhashimoto.jp/jp/exhibitions/

写真キャプション
①鈴木克久理事長から賞状を受ける三田健志
②前列左から美術新人賞の三田健志、オペラ新人賞の田中祐子、今野沙知恵。後列左から美術部門選考委員長の酒井忠康、五島記念文化財団理事長の鈴木克久、オペラ部門選考委員長の栗林義信
③祝賀パーティーでスピーチをする三田
④ロビーに展示された「等高線を登る」2017年
⑤ギャラリー・ハシモトでの展示