芸術広場芸術広場

中村屋サロン アーティストリレー第1回 
新恵美佐子展「花」

2018年4月6日

 東京・新宿の中村屋サロン美術館で現代作家の支援を目的とする「中村屋サロン アーティストリレー」がスタートした。展覧会を開いた作家が次の作家を指名してリレー形式でつないでいく試みで、第1回として新恵美佐子展「花」が4月8日まで開催されている。
 「中村屋サロン」とは、明治末から昭和初期にかけて、新宿中村屋に彫刻家の荻原守衛(碌山)や画家の中村彜、書家の會津八一ら多くの芸術家が集ったことで生まれた場を指す。その活動を創業者の相馬愛蔵と黒光夫妻が支えていた。そうした歴史をふまえて2014年に開館した同館で、活動目標の一つとして掲げてきた芸術家支援の展覧会の実現にようやくこぎつけたことになる。
 作家支援というと、賞金や助成金の支給によるものが多いが、中村屋は芸術家の輪が広がる場を設けたことで日本近代美術史に名を残したことから、展覧会開催の会場を提供する方法を選んだ。作品制作費の補助、輸送費、保険、パンフレットやチラシの制作などの費用も負担する。同館の太田美喜子学芸員によると「与えられた規模の中で最大限に良い展覧会を開催することを考えた時に編み出されたのがアーティストリレーだった」という。初回は美術館スタッフが中心となり、「中村屋と何らかの関わりがあり、今後飛躍していくであろう作家」として日本画家の新恵と、4月14日から5月13日まで展覧会を開く漆芸家の染谷聡が選ばれた。
 新恵と中村屋を結ぶのはインド。中村屋には、戦前に匿っていたインド独立運動のラス・ビハリ・ボースと創業者の長女が結婚し、ボースが中村屋にインドカレーを伝えたという歴史がある。一方、新恵は大学卒業後にインドを放浪したのを機に30年近くインドに通って制作の源としてきた。

・「花」をテーマに墨、カラー、ターコイズの世界を展開
 新恵美佐子は1963年大阪府生まれ。89年多摩美術大学大学院美術研究科修了。98年のポーラ美術振興財団の在外研修と2016年文化庁新進芸術家海外研修制度特別派遣でインドに渡航している。
 今回の展示は花をテーマに、水墨作品、アクリルやクレヨンによるカラー作品、ターコイズ色の作品の主に三部構成になっている。
 入口を入ってすぐの部屋には「10年ほど前から発表している」水墨作品16点を展示。「墨の作品では花の本質を描きたかった」という。すべてに中国の古い宣紙と墨を用いた。紙は多くの作家が使用するにじみ止めのドーサ引きが行われていないもので、墨が紙の奥へと広がっていくことで現れる濃淡やにじみなど、紙と墨との相性を重視したという。「生命の無限性に近付くため、余分なものをそぎ落とし、いかにシンプルに表現できるか」に心血を注いだ。

 奥の展示室に進むとカラーの作品が20点。一昨年、文化庁新進芸術家海外研修でインドを訪れた際に十数年ぶりに色を使い、現在に至っている。研修のテーマは横山大観や菱田春草らによる朦朧体の影響を受けたインドのベンガル派の絵画のウォッシュテクニックを学ぶこと。一度描いた絵を水で流し、新たに描くという技法。新恵が尊敬するインドの詩人タゴールが、一度消した絵の上に再度描くことを「絵をすくい出す仕事」と言った言葉に感銘を受け、今回の出品作も同じ思いで描いた。

 ターコイズ色の作品は新作の《揺籃》が見応え充分。タイトルはタゴールの詩集「ギタンジャリ」から命名した。「『生と死の海の揺籃』という一節があり、花をもう少し大きく捉えると、まさに生と死のゆりかご、揺籃だと。大きな生命の流れを表せれば」との思いをこめた。「インドで瞑想をした際に悟りの世界に行くぎりぎりのところで、人間の体は泡になっているという体験をした」ことが根底にある。「伝えたいことをだいぶ絞り切れていると思える」渾身の作だ。

 ほかに、七年前の母親の死を機に描き始めたインドの神様のシリーズ作などを展示している。
 次回の展示作家は、新恵が推薦した日本画家の及川聡子と染谷が推薦した画家で絵本作家、鳥の巣研究家の鈴木まもるに決定、来春展覧会が開かれる。 

執筆・写真:西澤美子(文中敬称略)

中村屋サロンアーティストリレー第1回
新恵美佐子展「花」

3月3日(土)~4月8日(日)※火曜休館
中村屋サロン美術館
(東京都新宿区新宿3丁目26‐13)
☎03‐5362‐7508
10時30分~19時(最終入館18時40分)
入館料500円(単独入場券300円)
詳細:http://www.nakamuraya.co.jp/museum/

写真キャプション
①《花Ⅴ》2018年、《花Ⅳ》2017年
②《紀行Ⅲ》《紀行Ⅳ》《紀行Ⅰ》《紀行Ⅱ》いずれも2016年(右から)
③新恵美佐子と《揺籃》2017年
④神様のシリーズより。《幸運のガネーシャ》《吉祥図》など。