芸術広場芸術広場

第21回岡本太郎現代芸術賞展 
岡本太郎賞にさいあくななちゃん《芸術はロックンロールだ》

2018年4月4日

 第21回岡本太郎現代芸術賞の受賞者が決まり、大賞の岡本太郎賞(賞金200万円)に、さいあくななちゃんの《芸術はロックンロールだ》が、岡本敏子賞(賞金100万円)に弓指寛治の《Oの慰霊》、特別賞(賞金各20万円)に市川ヂュンの《白い鐘》、冨安由真の《In‐between》、ユゥキユキの《ユキテラス大御神✡天岩戸伝説》が選ばれた。
 同賞は時代に先駆けて新たな挑戦を続けた岡本太郎の精神を継承し、自由な視点と発想で現代社会に鋭いメッセージを突きつける作家を顕彰するため1997年に設立された。応募資格として国籍、年齢、プロ、アマを問わず、高さ、幅、奥行き5㍍以内であれば絵画、彫刻、小説、書などジャンルや形状は問わないことが特徴。今回は558点の応募があり、美術批評家で多摩美術大学教授の椹木野衣、空間メディアプロデューサーで岡本太郎記念館館長の平野暁臣、川崎市岡本太郎美術館館長の北條秀衛、美術史家で明治学院大学教授の山下裕二、ワタリウム美術館キュレーターの和多利浩一の審査の結果、26名(組)の作品が入選、その中から受賞作が決まった。入選、受賞作は4月15日まで、川崎市岡本太郎美術館で展示されている。

●岡本太郎賞は、さいあくななちゃん《芸術はロックンロールだ》
 岡本太郎賞を受賞したのは、さいあくななちゃん。バイト先で絵を見せた際に「最悪」と言われたことを逆手に取り、自ら命名した。1992年山梨県生まれ。2013年に都内デザイン専門学校を卒業し、昨年、個展ツアー「さいあくななちゃん」を東京、大阪で開催した。受賞作の《芸術はロックンロールだ》は、ピンクを基調にした漫画のような少女の絵で空間を埋め尽くしたインスタレーション。ロックが好きで「音楽がいつも自分を助けてくれた。ロックがあったから生きていけた。そんなロックみたいな絵を描きたい」という思いがある。作詞作曲も手がけ、ライブ活動も行っているという。描かれた少女は「自分の心の中にいる女の子」。「言葉に出来ないことやモヤモヤしていることを言ってくれる。この子を描いているから気持ちが落ち着く」という。「一枚一枚大切に毎日描いているので、見て楽しんでもらえたらいいなーと」話した。
 審査員の椹木野衣は「本人が最悪とののしられたことをきっかけに生まれた作品で、負の力を進んで引き受けた彼女のパワーは、今回の展示でもべラボ―なまでに発揮されてとどまることを知らない」と述べ、山下裕二は「命がけだということ。毎日描き続けていることや、作品として設置することにはとてつもない労力が必要だったと思う。岡本太郎の精神に合致した作品だ」と高く評価した。

●岡本敏子賞は弓指寛治《Oの慰霊》
 岡本敏子賞を受賞した弓指寛治は、1986年三重県生まれ。2016年ゲンロンカオス*ラウンジ新芸術校の第1期成果展「先制第一撃」で金賞を受賞。3年前に母親が自死したことで自死(自殺)を根底に制作を続けてきた。受賞作《Oの慰霊》は、30年前にビルから飛び降りたアイドルOの自殺がテーマ。母親の死後、自殺する心理が理解できずに本を何冊も読むと、たびたび取り上げられていたのがOだったことから、「Oの出来ごとを通して、自殺者と残された者の間を繋ぎ直したい」という思いをこめた。「Oの自殺現場は命日になるとファンだけではなく、外国人を含む多くの人が集まり、自殺を象徴する聖地になっていた。生きている人間と死者が向き合うこれまでにない関わり方が興味深く」、実家に拠点を移して、一年間、制作に集中して完成させた。作品は、Oが自殺したビル、花火、死を暗喩する巨大なサソリ、鳥などが大胆な構図で細密に描かれた巨大な絵を背景とし、鳥の絵が描かれた絵馬風の木片や慰霊の道などで構成されている。鳥はあの世とこの世を行き来する象徴として、母親が亡くなった時に描いて棺桶に入れた絵の鳥と同じ形のものが、厚生労働省が発表した2016年の自殺者数と同じ21,764羽描かれている。
 審査員の和多利浩一は、「見る者を得体の知れない緊張感にひきずり込むことに成功している。祈りや鎮魂から勢いよく、一歩も二歩も踏み込んだ作品となっている点を評価したい」と講評。山下裕二は、「この作品にかける意気込みはハンパではない。これを作ることで母親が亡くなったことを彼自身が乗り越えて次に進むための重要な機会になっただろう」と述べた。

●特別賞は市川ヂュン《白い鐘》、冨安由真《In‐between》、ユゥキユキ《ユキテラス大御神✡天岩戸伝説》
 「今年は非常にレベルが高かったので特別賞は3人」(審査員)となった。
 市川ヂュンは1985年京都府生まれ。2008年金沢美術工芸大学美術学科彫刻専攻卒業。2009年からアーティストランスペース「拝借景」を企画、運営している。受賞作《白い鐘》は、アルミの空き缶15000個を溶かして鋳造した梵鐘。「普通の住宅で除夜の鐘を鳴らしてみたい」という思いからスタートした作品で、その制作過程や、2016年に茨城県取手市で、17年に福島県いわき市で、実際に大みそかに行った除夜の鐘を鳴らすイベントの記録映像も流している。
 審査員の平野暁臣が「なんと言っても音がいい。単なる『造形物』ではなく、きちんと『鐘』になっている。それがこの作品の核心だ。この音をもって、本作は芸術になった。(名古屋の久国寺にある)岡本太郎の梵鐘《歓喜》も実にいい音がする」と講評。市川によると「アルミ缶は廃物にも価値を見出す観点で用いているが、音を良くするために、一つ一つ綺麗に水洗いし、乾燥させて不純物を取り除いている」とのこと。山下裕二も「音がいいので皆さんも突いてみて欲しい。鐘だけではなく、鐘を吊るすやぐらもきちんと作られ、制作過程のビデオもあり、実によく考えられた作品で今後も期待したい」と高く評価した。

 冨安由真は1983年東京都生まれ。2012年ロンドン芸術大学MA Fine Art科修了。17年東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程美術専攻修了。2010年The Jerwood Drawing Prize 2010入選(ロンドン)、2018年第12回Shiseido Art egg入選。受賞作《In‐between》は、「ポルターガイスト現象をモチーフに、現実と虚構の境目を模索する部屋型インスタレーション」(冨安)。部屋に入ると突然テレビがついたり、電話が鳴ったり、扉が開いたりする。
 「もともと不可思議なことや非科学的だといわれているようなことに興味があった。作品を部屋型にしたのは第六感で体験してもらいたいから。現実だと信じてきた基盤がいかに不安定なものであるかを気付かせたい。それは世界と自分を見つめ直す契機となるだろう」というねらいがある。
 審査員の北條秀衛は、「不確かなことを感じることによる現代社会の再認識、それは人間存在のありさまを根本的に捉え直す機会の提供となる」と述べ、山下裕二は「コンピューター制御もきちっとやりとげた実に立派なインスタレーション」と評した。

 ユゥキユキは2017年東京芸術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻油画(壁画)修了、同博士後期課程美術専攻油画(壁画)研究領域在学中。《ユキテラス大御神✡天岩戸伝説》は天岩戸伝説を題材に天照大神を自らに置き換えて作品化した。賽銭箱にお金やお菓子やゴミなど好きなものを入れるとガラスで隔てられた空間が光り、ユキテラス大御神が現れて返礼品を渡すというパフォーマンスのあるインスタレーション。「自分にコミュニケーション能力がないことからスタートし、フィルター越しに他者と対話する作品で自分の欲望を消化するためにこのような形になった」という自分と他者との関係性をさぐる作品。自ら作った物語を描いた絵画も展示されている。
 山下裕二は「ガラス窓というフィルターを介在させることで、メディアを通じたコミュニケーションの危うさを問いかけ、仮想空間とリアリティーの問題に揺さぶりをかける。賽銭箱、太鼓、鶏の置物などもしっかりと造り込まれており、明滅する光のコントロールも見事で、きわめて完成度の高い作品となっている」と評価した。

 入選作家はほかに荒川朋子、ichiko Funai、大野修平、黒木重雄、黒宮菜菜、木暮奈津子、近藤祐史、笹田晋平、塩見真由、橋本悠希、藤本りか、文田聖二、細沼凌史、○△□(まるさんかくしかく)、村上力、室井悠輔、矢成光生、横山信人、𠮷田芙希子、与那覇俊、ワタリドリ計画(麻生知子、武内明子)。

執筆・写真:西澤美子(文中・敬称略)

第21回岡本太郎現代芸術賞展
2月16日(金)~4月15日(日)※月曜休館
川崎市岡本太郎美術館(神奈川県川崎市多摩区枡形7‐1‐5)
☎044‐900‐9898
9時30分~17時(入館は16時30分まで)
一般700円、大高生・65歳以上500円、中学生以下無料
詳細:http://www.taromuseum.jp/

写真キャプション
①第21回岡本太郎現代芸術賞受賞者と審査員、入選者
②岡本太郎賞 さいあくななちゃんと《芸術はロックンロールだ》
③岡本敏子賞 弓指寛治と《Oの慰霊》
④特別賞 市川ヂュンと《白い鐘》

⑤梵鐘の左は除夜の鐘を鳴らすイベントの記録映像、右はアルミ缶と鋳造過程の映像

⑥⑦特別賞の冨安由真と《In‐between》
⑧特別賞 ユゥキユキと《ユキテラス大御神✡天岩戸伝説》