芸術広場芸術広場

「目[mé] 非常にはっきりとわからない」展

2019年11月28日

注目の現代アートチーム「目」による展覧会。
千葉市美術館で12月28日まで開催中。

 ■「非常にはっきりとわからない」とは?
 だいぶ前のことだが、ちょっと不思議な展覧会チラシをみつけた。トレーシングペーパーのようなごく薄い紙。その多分オモテ面に「非常にはっきりと」と、太い文字が縦書きされ、ウラに横書きされた「わからない」の文字が、透けて続く。ウラには赤系のなんだか不明な模様が広がっている。謎かけのようだ。それは、現代アートチーム「目」の新たな展覧会を知らせるチラシだった。「目」による「非常にはっきりとわからない」(英語は、Obviously, no one can make heads nor tails.)と題する展覧会は、2019年11月2日から12月28日まで千葉市美術館で開催、とあった。

 筆者は、「目」の作品にいつも度肝を抜かされると同時に、深く考えさせられてきた。だから「目」の活動には目が離せない気持ちだ。それにしても、この展覧会タイトルはどういう意味なのだろう。「わからないこと」が見えるのだろうか。ふと、ゲーテの格言「人はみな、わかることだけ聞いている」が頭をよぎった。

 期待を膨らませて展覧会の開幕を待ち、初日に千葉市美術館へ駆けつけた。(※なお、現在の展覧会チラシは、新しい詳しい内容のものになっている。)

 ■「目」とは?
 「目」とは、アーティストの荒神明香(こうじんはるか)、ディレクターの南川憲二、インストーラー(制作統括)の増井宏文の3人を中心メンバーとする、現代アートを創造するチームの名前である。彼らはそれまで個々に活動してきたが、2012年に「目」を結成し、チームでの活動を開始。越後妻有アートトリエンナーレ2015および2018、さいたまトリエンナーレ2016などの国際芸術祭やグループ展で独創的な大型の作品を発表し、人気を得ている。千葉市美術館での展覧会は、「目」にとって美術館での初めての個展となる。

 ■これまでの「目」の作品の一部
 筆者が最初に「目」の作品に出会ったのは、2014年の夏だった。銀座にある資生堂ギャラリーに入った。このギャラリーでは、展示作品と天井高のあるホワイトキューブの明るい空間が見事に響きあう。ところがこのとき、いつもの資生堂ギャラリーが全く知らない異空間に変容していた。暗い階段をそろそろと降りていくと、ホテルの部屋のようなものが出現していた。世界が転換したような衝撃を受けた。これが「目」による《たよりない現実この世界の在りか》という大型のインスタレーション作品だった。暗闇の会場を辿ると、さらに感覚も身体も揺さぶられるようだった。通常の部屋とは違っている。未知の心躍る体験であった。

 さいたまトリエンナーレ2016で、「目」は《Elemental Detection》という作品を発表した。2016年12月の初め、その作品を訪ねた。設置場所は岩槻市駅近くにある旧民族文化センターの屋外だった。背をかがめて藪の中の細い道を少し歩き、目の前が開けたとき、息をのんだ。紅葉した樹林に囲まれて大きな池が広がっていた。鏡のような水面に樹々がその姿を映している。なんという美しさだろう。いや、いや、違う。ちょっと違う。池は固体の特殊な素材でできていた。靴を脱いで池の上をゆっくり歩いてみた。池の表面は不透明な鏡面になっていて、樹々も空も人も不思議な感じで映り込む。池の上に顔を出した水草や、舞い落ちた葉はよく見ると、創られたものだった。屋外の美しい舞台風景といったらよいのだろうか。興奮して熱くなった心に、外の冷気が気持ちよい。「目」は、窪んだ空き地だったこの場所に、誰も予想できなかった異世界を創出したのだった。

 想像を超えた大胆で抜群のアイデア。建築的な構築の実践。導線の妙。細部の丁寧なつくりこみ。色々な要素が充溢する驚異の「目」の作品は、観る者の既成概念をひっくり返す。そして疑問を呼び起こす。これは何か? どういう意味か? どうやって考えたのか? 実際にどのように創ったのか? などなど。そして「目」の作品には、途轍もない広大な世界からの視座と、そこから放たれた問いがある。だから、「目」の作品を体験すると、あとに引きずるというか、その後も長い間考えさせられるのだ。

 ■美術館とはどういう場所か/チバニアン
 千葉市美術館での本展について、開幕初日に作家と千葉市美術館の方々からお話を聞くことができた。学芸員の畑井恵さんは、「本展は、24年前に開館した千葉市美術館が来年リニューアルする直前の展覧会。それで、『美術館とはどういう場所か』を考えてほしいと 、「目」にお声がけしました」と話された。そして、「目」のメンバーの南川さんは、「本展が決まった際、皆でまず、話題のチバニアンを見に行きました。そのときに、地球の歴史くらいの突き放した遠くの視点から自分たちを見てみたいと思いました」と語った。チバニアンが大きな意味で、本展の着想源だという。チバニアンとは、ラテン語で「千葉時代」の意。千葉県市原市の養老川沿いにある約77万年前の地球磁場逆転地層のことである。地磁気(N極とS極)は驚くことだが、逆転を繰り返しているそうだ。

 また、河合正朝 千葉市美術館館長は、次のようにお話しなさった。「本展は、わかって帰る、というものではない。観る人それぞれが感じることが大切です」と。

 さて、どんな展覧会だろう。「目」の作品に対しては、前情報なしにそこに身を置くのがいちばんだ。是非、千葉市美術館に出かけてほしい。なお、本展の入場券は会期中何度も入場できるパスポート形式である。イベントも行われる。

執筆:細川 いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2019年11月)

写真1 目《アクリルガス》、制作:2018年。
 

【展覧会名】
目 非常にはっきりとわからない

[mé] Obviously, no one can make heads nor tails.
【会期・会場】
2019年11月2日~12月28日 千葉市美術館 
電話:043-221-2311(代表) 
[展覧会詳細HP] http://www.ccma-net.jp