芸術広場芸術広場

練馬区独立70周年記念展 「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」

2018年3月22日

 練馬区立美術館でフランスを代表するポスター作家、レイモン・サヴィニャック(Raymond Savignac、1907-2002)の展覧会「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」が開かれている。サヴィニャックのかつてない大規模な展覧会となる本展では、100点近くを出品するパリ市フォルネー図書館をはじめフランス国内の公共交通機関や多数の個人所蔵家が出品し、《牛乳石鹼モンサヴォン》など代表作のほか、スケッチ、原画、パリに貼られたポスターの景観写真などあわせて約 200 点を紹介する。同館の会期後、宇都宮美術館・三重県立美術館・兵庫県立美術館・広島県立美術館の4美術館を巡回する。
 日本やアメリカの企業からの依頼もあったサヴィニャック、会場の練馬区美術館と同じ練馬区内の遊園地「としまえん」のポスターも手掛け、本展でも観賞することができるのも嬉しい。

ユーモアと温かみが生んだサヴィニャックのポスターの清々しさ
 サヴィニャックのポスターは色もデザインも明るく楽しい。同時代、近い時代に各国のクリエイターが手掛けた広告を追ってみると、それはポスターの特徴ではなく、サヴィニャックの作品の特徴なのだと理解する。展覧会では原画と並べて展示されているものも多いが、やはり原画を間近でじっくり見つめると色や筆の動きなど原画ならではの魅力があり、ずっと見ていたくなる。チラシに使われている《ひとりでに編める ウット毛糸》の原画もそんな作品の一つで、軽やかな毛糸の動きに引き込まれる。
 《毛糸の15日間》も、毛玉につながる羊の毛並みは空気を含んだようにホワホワで、振り返る羊の表情も愛らしく、見ているだけで楽しくなる。《トレカ:ウールとスプリングスのマットレス》は、ダークブルーに光沢を感じるピンクが映え、ウールの柔らかさやスプリングのバネが気持ちよく表現されている。

 サヴィニャックのポスターは、商品を宣伝し購買意欲を高めさせるという「広告」であり、ぱっと意図が伝わってくるような直接的な表現を使いながらも嫌味がなく、どこまでも清々しい。それはもちろんデザインのかわいらしさや色の美しさも大きな要素になっていると思うが、彼自身の企業や商品への理解、愛情がそうしたポスターを生み出しているのだと思った。また、サヴィニャックの著書『サヴィニャック ポスター A-Z』(アノマニ・スタジオ発行)で「ユーモアは抗ストレスの妙薬、それは心身のバランスを整え、血行を良くし、自由な発想を生む。毎日服用すること」と語るような彼自身の明るさによるところももちろん大きいだろう。(以下、サヴィニャックのコメントは全て『サヴィニャック ポスター A-Z』より)

「驚き、感動、人の心に記憶される」3つの美徳を備えたポスターたち
 「アイデアは、ポスターの隠し味!それがあってこそ、ポスターは生き生きと人に伝わりやすく、時に忘れ難いものになる」という彼の言葉の通り、オレンジジュースがなみなみ入ったボトル《オランジーナ:ソーダより美味い》や黄色やピンクなどのヨーグルトカップがたわわに実った果実のように木を埋め尽くす《ダノン・フルーツ》など、商品を見たらポスターが頭をよぎるだろうというポスターも多い。もちろんインパクトがあるからだが、ポスターを見ただけで商品に愛着が湧いてくるような、そんな魅力を放っているのだ。《タンタン・オレンジ》などジュースやアルコールなど飲料のポスターも多い。
 
 《アストラ:美味しいトースト》の、「少年が両手でトーストを持ち、頬張る」というシンプルな図でも本当に美味しそうに見えるのはなぜだろう。彼の飲み物や食べ物のポスターはとても魅力的だが、赤く美しい花が目を引く《庭のタネ、サンリヴァル》やコンセントのコードが女性を形づくる《家事に電力を》など、何を題材にしても巧みにまとめるなあと感心する。どれも「サヴィニャック ポスター A-Z」の中で、彼自身がポスターの3つの美徳に掲げた「驚き」「感動」、人の心に記憶される「スタイル」をまさに兼ね備えたような作品が並ぶ。

色、デザイン、代表作、当時のパリを感じさせてくれる写真などさまざまな見どころ
 一躍、ポスター作家・サヴィニャックの名を広めるきっかけとなった《牛乳石鹸モンサヴォン》は、牝牛から直に石鹸が生まれたかのような表現で、見るからに乳成分の濃度が高く美味しそうでもある。「人体に優しく高品質で、豊かな香りをそなえた商品」という同社が目指したイメージを見事に実現させ、石鹸が「生活の幸福度を上げる嗜好品」という新たな意識を消費者に植えつけるのに大きな役割を果たしたという(本展図録)。サヴィニャックのポスターが単に商品を宣伝するにとどまらない、時には消費者の価値観にさえ影響を与える存在であることに気づく。

 会場入り口にモチーフが設置され、会場へのワクワク感を高めてくれたゾウの鼻シャワーで髪を洗う図柄の《ドップ:清潔な子どもの日》は子どももゾウも楽し気で、まるで絵本の一ページのようだと思う。私が色や色合いが秀逸だと感じたのは、《エクスポジシオン・タンタティヴ〔挑戦展〕》と、並んで展示されていた《アルフレッド・ジャリ作「コビュ王」(パリ、ヴィユ・コロンビエ劇場)》。くすんだような深みのある色合いが、「当時のフランスで生まれた色」という印象を強く受ける。

 また今回の展覧会では、ポスターが当時、街や地下鉄駅構内などに貼られた様子の写真を見ることができるが、やはり単体で見るのとは違った、街中で本来の役割を発揮してこそ放つ強い存在感やパワーといったものを感じる。パリ市フォルネー図書館学芸員のティエリー・ドゥヴァンクさんは、「古都のグレートーン」と鮮やかなポスターがお互いを引き立たせていると本展図録に言葉を寄せているが、実際にそこに身を置いて「パリにかけられたポスターの魔法」を体感してみたいと思った。写真からも当時のパリの情景が浮かんでくるようで、ぐっと引き込まれる。ぜひこちらも併せて楽しんでいただければ。(文中・敬称略)



写真1)左は《ひとりでに編める ウット毛糸》(1949年/1951年、ポスター(リトグラフ、紙)、パリ市フォルネー美術館)、右は原画(1949年頃、グワッシュ、厚紙、ミシェル・ラガルド)



写真2)会場風景



写真3)展示風景



写真4)上《アルフレッド・ジャリ作「コビュ王」(パリ、ヴィユ・コロンビエ劇場)》(1946年、ポスター(リトグラフ、紙)、パリ市フォルネー図書館)、下《エクスポジシオン・タンタティヴ〔挑戦展〕》(1947年、ポスター(リトグラフ、紙)、トゥルーヴィル市ヴィラ・モンテベロ美術館)



写真5)ロベール・ドアノー《パリ、ポスターの貼られた壁》(1959年、2017年リプリント、写真(ゼラチンシルバープリント)、アトリエ・ロベール・ドアノー)

※画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。

(参考文献)
1)「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」図録、小野寛子・小林功二・尾澤あずさ=編集、アンヌ・イダルゴ、ティエリー・ドュヴァンク、アニー・シャルパンティエ、小野寛子、橋本優子、貴家映子、小野尚子、森万由子=執筆、練馬区立美術館・宇都宮美術館・三重県立美術館・兵庫県立美術館・広島県立美術館=発行、2018年

2)「サヴィニャック ポスター A-Z」 レイモン・サヴィニャック=著者、小柳 帝=日本語版監修、アノマニ・スタジオ=発行、2007年

3)「pen BOOKS 広告のデザイン」 ペン編集部=編者、阪急コミュニケーションズ=発行、2010年

執筆・写真:堀内まりえ

(展覧会情報)
展覧会名:練馬区独立70周年記念展「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」
開催期間:2018年2月22日~4月15日
会場:練馬区立美術館
https://www.neribun.or.jp/event/detail_m.cgi?id=201709181505718201