芸術広場芸術広場

2020年11月5日

「江戸の土木」展
―橋・水路・ダム・大建築から再開発エリアまで―


 徳川家康が豊臣秀吉の命で江戸に入府したのが1590年。当時の江戸は湿地帯が広がる農村で、約1万人の家臣が住む土地や飲み水もままならない状況だったという。そこで幕府は、海を埋め立てて土地を造成し、水路を整備して飲料水の確 続きを読む