芸術広場|Office I Ikegami blog

アートニュース 第28回五島記念文化賞美術新人賞に谷原菜摘子さん(洋画)、渡辺泰子さん(現代美術)

  美術とオペラの分野で活動する優れた人材に、一年間の海外研修や帰国後の成果発表で助成を行い育成をはかる五島記念文化賞(主催:公益財団法人 五島記念文化財団)の平成29年度、第28回の受賞者が決まり、美術新人賞に洋画の谷原菜摘子さんと現代美術の渡辺泰子さんが選ばれた。4月14日に東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急で贈呈式が行われ、五島記念文化財団の鈴木克久理事長から賞状と賞金50万円、副賞の1年間の海外研修費400万円の目録が授与された。

  谷原菜摘子さんは1989年埼玉県生まれ。2016年京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻油画修了、現在、同大学院美術研究科博士(後期)課程美術専攻(絵画)に在籍。2015年第7回絹谷幸二賞、京展2015京都市美術館賞、16年VOCA奨励賞などを受賞。
  谷原さんは「自分の抱える負の記憶と人間全体が持っている否定的な側面、言い換えれば、テロや拷問や殺人などの闇を融合させて普遍的にしたうえで、画面上で美に昇華することを根底に作品を制作してきた」という。このテーマをより発展的に展開する場所としてパリを選び10月から研修に行く。「パリは美術の大きな潮流があった場所であり、ファッションの中心でもある美しい国ですが、非常にまがまがしい歴史を抱えている都市でもあります。昔は魔女狩りがあり、現在は移民や難民がなだれ込んで来たり、テロも多発していたり、都市全体が混乱している。人々の憎悪や怨嗟がうごめき、美と闇が同居している場所だと思うので自分の作品にふさわしいのではないか」と考えた。
  谷原さんは、作品の支持体にベルベットを用いて暗闇を作り、絵の具への雲母の混入や貴金属のコラージュなどでポップな画像をより鮮やかにして、舞台としての暗闇を際立たせ、独自の夢幻的な世界観を導き出す手法をとっている。贈呈式当日は、会場の外のロビーにこの手法で制作した《I am not female 》を展示した。
  講評では、美術部門選考委員長で世田谷美術館館長の酒井忠康さんが「大変エキサイティングな作品を作る作家として審査員の注目を浴びた」と話したうえで、推薦委員の一人で谷原さんを推した国立国際美術館学芸課長の中井康之さんが、「一種のデカダンスの美学」という言葉で作品を評し、「谷原さんが自分の人生の中で衝撃を受けた体験を掘り下げて、それをどのように絵画で表現していくかを試みていることが、パリへの留学でより普遍的な表現へと展開するひとつのきっかけになるだろう」と推薦文で述べていると発表した。
  谷原さんは受賞に関して「ただただ嬉しく、大変に光栄でした。魔女狩りのあった場所や難民や移民についてリサーチしたり、パリ周辺にも行く予定なので、アウシュビッツにも取材し、作品にしたい。研修の一年間を実りのある時間にできるように精一杯努力する所存です」と喜びと抱負を語った。
  なお、京都のギャラリー16で10月3日から15日まで、新作を中心に過去から現在までの制作の流れを示す個展を開催する。

  渡辺泰子さんは1981年千葉県生まれ。2007年武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻油画コース修了。2012年府中市美術館での「虹の彼方」、2016年「断片から景色」アキバタマビ21、2017年「いちはらアート×ミックス2017」など多数のグループ展に出品、個展も複数開催している。作品は、映像、羊毛フェルト、写真などを中心に、複数のメディアを用いて制作。贈呈式会場の外のロビーには、いろ紙を1枚ずつめくることで宇宙を旅するような映像作品《to far away [no.006] space》を展示した。
  渡辺さんは、「ぺージをめくるたびに違う場所や時間に向かっていくような経験」をもたらすという点から物語に大きな影響を受け、また、「想像力をいつも意識して作品を作っている」という。「本は、自分の部屋にいながら全く別の世界を経験できる。美術もそういうものだと思う。自分は紙をめくっているだけなのだけれど、山を越え、丘を越え、どこか遠くの今いる場所ではない所に思いを馳せるような気持ちを込めて作っています」と話した。
  講評では、酒井さんが「説明するのが難しい作品だが、われわれが直面している未来に対して、自分の表現活動をどのように繋げていこうかということではないかと思う。そのための技術的なフォローとして、研究や体験を知的に積んでいる」と評し、推薦者のヴァンジ彫刻庭園美術館副館長の岡野晃子さんが、「宇宙という壮大なテーマに対してあくまで日常を出発点として、紙やフェルトなどを用いたアナログな手法で自身の身体と世界との関わりを彫刻や映像作品に転換する。自分のいる場所からはるか彼方の行きたい場所への距離感を独自の方法でとらえ、新しい世界の見え方や在りかたを提案している」と評価していることを紹介した。
  渡辺さんは来年2月からアメリカのヒューストンを拠点に研修を開始する。アメリカ各地を訪問し、自身が影響を受けてきたアメリカ現代美術、SETI(地球外知的生命体探査)、宇宙開発における関連施設、最も影響を受けた小説家であるレイ・ブラッドベリのSF小説の舞台になった土地などを巡る。また、研究所や博物館の視察、天文学者との交流を通し、他ジャンルとの想像力の接点を多角的に検証するという。
  岡野さんは贈呈式の祝賀パーティ会場で「渡辺さんは想像することの可能性を深く考えているので、美術、科学、文学の世界にまで及んで美術の可能性を他の人にはない方法で探っている。アメリカの方が美術と科学の境界線がなく、(それらの領域にまたがるような)研究機関もあるので、アメリカで研修することで、表現の幅も広がると思う」と期待を寄せた。
  渡辺さんは「何かを作りたいということや、想像することをつきつめていくとジャンルは取り払われるのではないかと思う。ジャンルにとらわれずに対話を重ねることが大事ではないか。研修での経験を今後の活動に活かしていきたい」と抱負を述べた。

  美術部門の顕彰、助成の対象者は40歳以下で日本国籍を持つ美術制作家。選考は12人の推薦委員が推した9名の候補者の中から、酒井忠康をはじめ、多摩美術大学教授の海老塚耕一、武蔵野美術大学教授の柏木博、東京芸術大学教授のたほりつこ、東京国立近代美術館特任研究員の松本透、京都国立近代美術館館長の柳原正樹の6氏の選考委員が作家による持ち込み作品のプレゼンテーションと面接をもとに行った。受賞者には、賞金、副賞に加え、海外研修終了後3年以内の成果発表に350万円の助成金が支給される。

執筆・写真:西澤美子
写真キャプション
①  鈴木理事長から賞状を受ける谷原さん
②  鈴木理事長から賞状を受ける渡辺さん
③  前列左から美術新人賞の谷原菜摘子さん、渡辺泰子さん、オペラ新人賞の竹多倫子さん、原田太郎さん、清水勇磨さん。後列左から美術部門選考委員長の酒井忠康さん、五島記念文化財団理事長の鈴木克久さん、オペラ部門選考委員長の栗林義信さん
④  祝賀パーティーでスピーチする谷原菜摘子さん
⑤  谷原菜摘子さん
⑥  谷原菜摘子《I am not female 》 2016年 
⑦  祝賀パーティーでスピーチする渡辺泰子さん
⑧  渡辺泰子さん
⑨  渡辺泰子《to far away [no.006] space》 2008年


Comments are closed.

Twitter

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

最近の展覧会記事と書籍案内

PR

ブログランキング

にほんブログ村 美術ブログ 美術情報へ

Tag Cloud