芸術広場|Office I Ikegami blog

サザビーズで朝食を 競売人(オークショニア)が明かす美とお金の物語

「この作品はいくらだろう?」
「何年後にはどれくらいの価値になるのかな?」
「この作品の世界的評価は・・・?」
といった普通の感覚の疑問に応えるのに最適な読み物です。

『サザビーズで朝食を』
競売人(オークショニア)が明かす美とお金の物語

著者:フィリップ・フック
訳者:中山ゆかり
好評発売中
販売価格:3240円(本体3000円+税)
サイズ:A5判

美術市場に35年以上も関わり、現在は世界最古の国際競売会社「サザビーズ」でディレクターを務めるフィリップ・フックが、作品の様式からオークションの裏側まで、気になる(けれど大っぴらには聞けない)「美」と「お金」に関する疑問を、わかりやすくユーモア交えて解説。
「アーティスト」「主題と様式」「ウォール・パワー」「来歴」「市場模様」の5つのパート、78のトピックで、買い手が美術品に対して最終的に支払う金額の決め手となる要因を分析する、刺激的な一冊です。

 


Comments are closed.

Twitter

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

最近の展覧会記事と書籍案内

PR

ブログランキング

にほんブログ村 美術ブログ 美術情報へ

Tag Cloud